トップページ

TDRとTDLとTDS

TDRこと東京ディズニーリゾートの様々な情報を掲載している当サイトへようこそ!東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)という日本を代表する2大テーマパークの攻略法や混雑予想カレンダーをご紹介しているほか、オフィシャルホテルの宿泊体験談や用語集などをご紹介しています。

2014年7月8月の混雑予想カレンダー

    1
C
2
C
3
C
4
C
5
D
6
D
7
C
8
C
9
C
10
C
11
C
12
D
13
D
14
C
15
C
16
C
17
C
18
C
19
E
20
E
21
E
22
D
23
D
24
D
25
D
26
E
27
E
28
E
29
E
30
E
31
E
   
6月≪≪≪     7月のカレンダー     ≫≫≫8月

          1
E
2
S
3
S
4
E
5
E
6
E
7
E
8
E
9
S
10
S
11
S
12
S
13
S
14
S
15
S
16
S
17
S
18
E
19
E
20
E
21
E
22
E
23
S
24
S
25
E
26
E
27
E
28
E
29
E
30
S
31
S
           
7月≪≪≪     8月のカレンダー     ≫≫≫9月

メインメニュー

当サイトは次の5つの項目から構成されています。最初の2つはディズニーランドとシーに関する内容で、次の2つはディズニーリゾート全般に関する内容です。最後の項目では、東京に旅行に来た際に参考にして頂ける観光情報をまとめています。

日本最大のテーマパーク群で、世界的に見ても大成功を収めているディズニーランドとシーですが、年間の入場者数はなんと合計3千万人にも及びます。日本全国はもちろんのこと、世界中からも観光旅行客が訪れる大人気のエリアです。

そのため、1年中多くの来園者で両パーク内はよく賑わいます。お盆休みやゴールデンウィークなどといった大型連休には、たまに入場制限がかかるほどです。人気のアトラクションだと2時間待ちを超えることもよくあります。

そこで重要になってくるのが、当サイトのメインメニューである「攻略法」と「混雑予想カレンダー」です。そのどちらともを知っておくと、ディズニーランドやシーのパーク内で、より楽しい時間を過ごすことができます。

攻略法

何回もディズニーランドやシーに足を運んでいる人と、何も知らずに始めてきた人とでは乗れるアトラクションの数にも差が出ます。混雑している時でも攻略法を頭の片隅に入れておけば、より効率的にパーク内を回ることができるのです。

両パークに存在するエリアの名前やアトラクションの名前などを始め、ファストパスを使えるアトラクションや、プライオリティ・シーティングを使えるレストランなどを知っているかいないかで、大きく異なってきます。

混雑予想

こちらはスケジュールや予定など人によっては難しいかもしれませんが、可能な限り平日に遊びに行くようにしましょう。言うまでもなく週末よりもウィークデーの方が混雑度は下がります(※春休みや夏休みなどを除く)。

また、当日の天候や交通機関の運行状況などによっても混雑度は大きく変動します。ですので当サイトの混雑予想はあくまで参考程度にして頂ければと思います。連休でも雨で空いていることもあれば、平日なのに混んでいることも十分にあり得ます。

東京ディズニーリゾートを構成する施設

TDRこと東京ディズニーリゾートの簡単な概要をこちらでご紹介したいと思います。日本を代表する2つのパークが最も有名ですが、そのほかにも、いくつもの施設が東京ディズニーリゾートを構成しています。以下に代表的な施設をご紹介します。

東京ディズニーランド(TDL)

まずはディズニーランドです。日本で一番人気のあるアミューズメント施設で、世界的に見てもかなりの集客力を誇っています。パークがオープンしたのは昭和58年4月15日のことです。住所は千葉県浦安市舞浜1-1となっています。最寄り駅はJR舞浜駅で、改札を出てから5分ほど歩くと入り口に到着します。

アトラクション

ディズニーランドには7つのテーマランド(エリア)があり、各テーマランドには数多くのアトラクションがあります。大の大人でも絶叫して楽しめるスリル満点のアトラクションから、小さな幼児向けのアトラクションまで、その種類も豊富です。当サイトではパーク内のほぼ全てのアトラクションを混雑度別にご紹介しています。
(詳細はこちら→東京ディズニーランドのアトラクション一覧

東京ディズニーシー(TDS)

続いてディズニーシーです。ランドとの大きな違いはパーク内の飲食店でアルコール飲料を提供しているという点です。また、パークの敷地内にホテル(ミラコスタ)が入っているというのも魅力的な特徴です。かつてはランドよりも人気がないと言われたこともありますが、今では同じくらいの高い人気を誇っています。

アトラクション

ディズニーランドと同じように7つのエリアから構成されていて、それらの各エリアをテーマポートと言います。フリーフォール型のものや360度ループのものなどといった絶叫マシンの他、大人向けのゆったりとしたムードを楽しめるアトラクションなども人気があります。また、グリーティング施設も複数あり、充実しています。
(詳細はこちら→東京ディズニーシーのアトラクション一覧

直営&公認ホテル

東京ディズニーリゾートが直営もしくは公認しているホテルが東京都と千葉県に複数あります。「ディズニーホテル・オフィシャルホテル・パートナーホテル・グッドネイバーホテル」という4タイプの分類分けがされていて、前半の2つに関しては東京ディズニーリゾートの中にあるホテル群となっています。

ディズニーホテル

東京ディズニーリゾートが直営しているホテルです。数多くの宿泊者特典が用意されていて、パークから帰ってきた後もディズニーの世界に浸ることができます。先でちょっと触れましたがミラコスタを含む以下の3つのホテルが該当します。

オフィシャルホテル

こちらは東京ディズニーリゾートが公式に認定しているホテルのことです。直営ではありませんが、舞浜のTDRエリア内に建っているため、両パークへのアクセスは抜群です。こちらもディズニーホテルと同様にいくつかの宿泊者特典が用意されています。オフィシャルホテルに認定されているのは以下の6つのホテルです。

  • 東京ベイ舞浜ホテル
  • 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート
  • ヒルトン東京ベイ
  • サンルートプラザ東京
  • ホテルオークラ東京ベイ
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル

商業施設

東京ディズニーリゾートのエリア内には2つの大きな商業施設があります。ひとつは「イクスピアリ」、もうひとつは「ボン・ヴォヤージュ」です。どちらの施設もパークで遊ぶ前や後に立ち寄れるほか、パークに入らなくても建物内でショッピングを楽しむこともできます。また、イクスピアリでは食事や映画鑑賞もできます。

ボン・ヴォヤージュは舞浜駅とランドの間に建っているので、特にパーク閉園直後は混雑しやすい傾向にあります。オリジナルグッズを含む様々なアイテムを見て回ることができますので、ぜひ立ち寄ってみて下さい。

交通機関

東京ディズニーリゾートには、専用の交通機関も2つあります。ひとつは「ディズニーリゾートライン」、もうひとつは「ディズニーリゾートクルーザー」です。

前者はTDRエリア内をぐるっと回るようにできているモノレールです。4つの駅があります。JRの舞浜駅からシーに向かう際などによく利用されています。

後者は専用の送迎バスです。ランドとシーとディズニーアンバサダーホテルの3ヶ所を結んでいる「ルートA」と、5つのオフィシャルホテルとディズニーリゾートラインのベイサイド・ステーションを結んでいる「ルートB」とが用意されています。

ウェルカムセンター

JR舞浜駅を降りて左に行くとすぐのところにある施設です。その名の通り、東京ディズニーリゾートに関する様々なサービスを提供しています。「ディズニーホテル専用カウンター」と「オフィシャルホテル専用カウンター」と「インフォメーションカウンターが設置されています。

当サイトからのニュース

早くも年末を迎えようとしていますが、本日は混雑予想カレンダーを2014年仕様にバージョンアップしました。これまでは3ヶ月ごと(四半期ごと)にページを分割して混雑予想カレンダーを公開していましたが、今回の更新からは1ヶ月ごとにページを設けるようにしました。(12月27日更新:過去のニュース